風の教室
〜野の花・山の花でおなじみの広山流です〜
<< 移りゆく季節を・・・・ | main | 見えない希望 >>
新緑の季節は・・・・
野の花

みずみずしい新緑におおわれて、我が家の庭は初夏の匂いがいっぱいです。
その大半が山野の植物で満たされるこの季節、毎朝、たっぷりと水やりに時間を費やします。
可能な限り水を拡散させ、霧を発生させ、木々のしずくを根元の草花に与え、ホッと一息つく日課を繰り返します。
そうして毎日、自分と向き合う時間を植物と共有しながら一日が始まります。

 一昨日、長年にわたって欲しかった植物<ムシカリ>と<カンボク>を入手、2メートル余の高木が、木漏れ日の庭を造り、季節に白い花を咲かせることを想像しながら、どこにそんな力があったのか、気がつけば、我ながら信じられない重さの高木を植え込んでいました。
きっと、その努力がかなえられることを信じながら・・・・。

 先日、5月8日の「母の日」子供を持つことができなかった私に、結婚して間もない若い生徒さん二人が「母の日」を祝ってくださいました。揃って茶道と華道を学ぶ二人の、夫が店長を務める「たらふくまんま」という食事処に招かれて、飛び切りのご馳走をいただきました。
 博多の中心にほど近いあたたかい雰囲気の食事処は、オーナーの人をもてなす心にも触れて、本当にうれしいひと時を過ごすことができました。
若い心に希望を与えて、巣立っていく若者を育てているということを聞きました。

 やがて、多くのことを学んでオーナーのもとを巣立つであろう若い二人の事を考えながら、翌日、せめてものお礼に、たくさんの陶器の収集家でもあるオーナーの、沖縄の素敵な陶器に、庭の植物を摘んで花を活けました。

 緑の季節は、心温かい季節でもありました。
| shukablog | - | 23:16 | comments(1) | trackbacks(0) |
何時もブログ素敵ですが、今回は雰囲気が全然違い又々素敵だなと思いましたが、本文を拝見して納得しました、花器によってこんなに風情が変わるのですね、お料理もさぞ美味しかったでしょうね。

子供教室のアイリス素晴らしいわね、びっくりしました。
| NOMU | 2011/05/21 1:30 AM |









http://blog.shu-ka.net/trackback/54
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ 最新記事
+ コメント
+ バックナンバー
+ プロフィール
+ リンク
+ SPONSORED LINKS