風の教室
〜野の花・山の花でおなじみの広山流です〜
<< 希望が少し・・・ | main | 日々が緩んで・・・・ >>
そして季節が・・・・
八手花笠

季節が変わりました。
あれから1年が過ぎようとしています。
一年前の鎮魂の花が、今年も咲きました。株が少しやせたようです。
花の数も少し減って、悲しみが癒されません。
終日涙を流し続けてテレビの前に座し、新聞に涙を落とし・・・・

 いつ起きてもおかしくないという地震プレートの上の列島に生きて、恐怖も悲しみも共有します。
そして、故郷について考えます。
・・・・一人では生きられない・・・・のかもしれません。
老いて、知らない土地で。老いてなくても・・・・・

 勢いよく生きた時代が去って、落着きを取り戻して生きたい日々を生きる時、故郷は遠きにありて思うものではなくなる。その故郷が消えたとき、何をよすがに生きるのであろうか。
ふるさとにこだわって、故郷でなくては生きられない者にとっての喪失は、自らの喪失でもあるのかもしれない。

 何かをなしたい思いを重ねて、雪の降る仮設住宅のたたずまいが頭から離れない。
ウグイス神楽
| shukablog | - | 15:13 | comments(1) | trackbacks(0) |
風の教室Facebookに載ってますよ、古賀先生もFacebookにおはいりください、
世界が地球規模になりますよ、私も入りましたが同年代の友達が居ませんでフリーズ状態です、広山流を全世界に広めようではありませんか?
| まこ | 2012/03/24 2:34 AM |









http://blog.shu-ka.net/trackback/67
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ 最新記事
+ コメント
+ バックナンバー
+ プロフィール
+ リンク
+ SPONSORED LINKS