風の教室
〜野の花・山の花でおなじみの広山流です〜
<< プレゼンテーション・・・ | main | 十六夜の月 >>
季節が変わりつつ・・・・・
お昼寝

 季節が変わりつつ、ブログなどとは到底言えないブログが頭の隅をかすめつつ、多忙な日々をやりくりしつつ・・

 懐かしい顔に出合うために、多難を乗り越えつつふるさとに向かって急ぐ心。
かって、若き日の大半をそのことに費やして生きてきた日々が頭をかすめて、深いため息をつきながら、Uターンラッシュという言葉に頭を振って・・・

 庭の木々から聞こえる耳をふさぎたくなるような激しいセミの声が、時折、ミーンミーンと鳴く声に変わって、自分の体温より高い気温にうだった日々が去っていくのを実感しながら、少しずつ正気を取り戻すような感覚を味わっています。

 休日の、至福の時間をソファに寝そべって、「プロメテウスの罠」にはまりながら、怒りながら悲しみながら。
気がつけば、私を、間違いなく自分の母親だと思い込んでいる十数年の連れ合いが、同じ格好でソファの下で眠っています。
シャイで、ほぼ同じ期間を共有している生徒さん達にもなじまずに、玄関にその姿を見るや否や、さっと二階の階段を駆け上がって、踊り場から下を眺めているのです。
「チャーちゃん」と声をかけられると、たじろぎもせずに、安全圏の上でじっと眺めています。
「こんな子に育てたつもりはないんだけど・・・」と、つまらない言い訳をしながら猫好きの生徒さんを促して教室に誘導する日々、何年も繰り返えす日常ではあります。

 期待も希望も喪失して、繰り返される国のトップと言われる集団の有りように嫌悪感を抱きつつ、強烈な個性を持つ隣国に、今に国を乗っ取られるのではという醒めた感覚を味わう昨今、オリンピックに高校野球に、いくらでも高揚できる感覚が残っていて、ほっとする思いを抱いています。
束の間の休日が去って、待ち構える多忙に対処できる体力が、少しずつ失われていく日常を生きています。
| shukablog | - | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.shu-ka.net/trackback/73
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ 最新記事
+ コメント
+ バックナンバー
+ プロフィール
+ リンク
+ SPONSORED LINKS