風の教室
〜野の花・山の花でおなじみの広山流です〜
<< 大いなる先達に学んで・・・ | main | 秋の入り口 >>
風の道を花野へ

ほととぎす 季節が行きつ戻りつしながら、そして、大きな災害をもたらしながら列島をなぎ倒して去っていきました。
東北の、あの未曾有の災害の爪痕の傷も癒えない今、たくさんの命を呑み込んで台風は列島を縦断しました。
小さな島国は、自然の脅威にもさらされます。

 今年の庭の花たちは、あまりも暑い夏をのりこえられず、季節を先どりして咲きかけて消えたもの、秋になって紅葉することなく葉を枯らしたもの、楽しみにして、半ば必死で水やりをしたのにあえなく枯れてしまったものなど・・・・
花たちにとっても過酷な夏が終わりかけて、そして、突然寒くなり、ちゃんと秋の花が咲いてくれるのか心配していましたが、可憐なホトトギスが咲いていました。

 秋の野の花や山の花を使って、小さな花展をすることになりました。路傍の草花たちのやさしさを活けて、地域の秋のまつりに参加することになりました。
多才な若い人たちによって、着々と準備が進んでいます。
山の木々や草花を提供してくださる地権者の方の応援を得て、ささやかな花展を行うことになり、生徒たちは団結しています。
皆がしあわせな気持ちになれればと願っています。
 
| shukablog | - | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.shu-ka.net/trackback/86
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ 最新記事
+ コメント
+ バックナンバー
+ プロフィール
+ リンク
+ SPONSORED LINKS